借り入れが分かってしまうのはどうして?

カードローンの審査時に他社からの借り入れが問題で審査に落とされてしまうことがありますが、この他社からの借り入れなどの情報は全て信用機関に記録されています。

 

信用機関には現在、JISS、CIC、KSCの3つがあります。カードローンを提供している消費者金融や銀行はこのいずれかに加盟しており、これらの信用機関から契約に来た人の借り入れ状況を提供してもらい、審査の参考にしています。

 

JISSは消費者金融系、CICは信販カード系、KSCは銀行系の情報をもっており、それぞれ連携して情報を共有しています。この情報から、他社からの借り入れ総額や件数が多い場合はそれが元で審査で落とされてしまうことがあります。また支払いの遅延をしたというような情報も記録されている為、審査ではそのような点も重視されます。

 

カードローンの申込用紙には他からの借り入れ状況を記入する欄がありますが、ここで虚偽の申告をしてもこの信用機関の記録から分かってしまいますので、必ず正しく記入しましょう。虚偽の申告をしたことで信用できないと判断され、本来は通るはずの審査に落ちてしまうことも充分考えられます。

 

またこれらの信用機関に情報が残るのは、基本的に5年間です。直近の5年の情報は全て残っている為、返済を大きく遅延してしまったというような事故を起こした場合、5年間経過しないと新たな融資を受けるのは難しいかも知れません。

他社に多くの借り入れがあると審査でも不利になりますので、複数のカードローン利用がある場合には借り入れをまとめると良いでしょう。おまとめローンの借り方となりますので、詳しくはおまとめローンで一本化をする方法で確認してください。