消費者金融と銀行の差異

消費者金融と銀行のカードローンは、明確に差異があります。

 

一般的に、消費者金融のカードローンは銀行のカードローンに比べ、金利が高い傾向があります。おおよそ大手消費者金融の最大金利は18.0%に統一しており、一方の銀行ではもう少し低い傾向です。とはいえ、すべての銀行に当て嵌まるわけではなく、利用予定の銀行の金利は調べる必要があるでしょう。

 

法律では、消費者金融と銀行では総量規制の関係があります。総量規制とは年収の1/3以上の借入を禁じており、これは消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠に該当します。

 

銀行のカードローンは銀行業法に則って運用していますので、総量規制の影響を受けることはありません。つまり今現在消、費者金融やクレジットカードのキャッシング枠で総量規制の対象者は、銀行のカードローンを検討するべきでしょう。

 

ところで、近頃は消費者金融も銀行のカードローンも即日キャッシングを提供していますが、時々誤解されている方がいます。決して即日キャッシングは24時間対応しているわけではなく、営業時間内や振込時間の制限がありますので、この点も重々注意するべできです。

 

また銀行のカードローンは消費者金融に比べ即日キャッシングを提供している会社は少ない傾向がありますが、即日審査は行っているところが多く、やはりこの点にも注意しておく必要があるでしょう。

最短即日審査回答となるオリックス銀行で利用をするカードローンにおいては、融資の対応は最短即日ではありません。契約後であれば即日融資も可能ですが、申し込み当日にオリックス銀行カードローンでの即日融資は利用できません。