2016/04/18 15:17:18 |
銀行のカードローンを利用するためにはまず借入の申込をすることになりますが、その際に書類を提出することになります。具体的にどのような書類を提出するのかというとまず借入申込書です。銀行側が借入を希望する人に融資をするかどうか審査するため、借入条件、その人の属性などを把握するために提出が必要となります。具体的な記入事項に申込者の住所、氏名、生年月日、家族構成、借入の有無、居住形態、携帯と自宅の電話番号、勤務先情報、雇用形態、勤続年数、年収、設定する借入限度額などです。これらを銀行側が総合的に判断して融資可能かどうか審査することになります。次に銀行は人にカードローンの貸付を行う際に本人確認が義務付けら...
2016/04/18 15:17:18 |
キャッシングを利用してみたいが不安があるという方も多いかと思います。お金を借りる行為なわけですから当然ですし、実際借入先は慎重に選ぶべきです。キャッシングを利用できる銀行や消費者金融はたくさんあるわけですが、ではどこから借りるのがよいのでしょうか。私は初めての方にはアコムなどの大手から借りるのをお勧めします。大手というのは利用者が多いわけですから、それだけで安心できます。また、長く経営できている、即ち健全な営業である、ともいえるかもしれません。また、全国に多く支店を構えていますので、どこに住んでいる方でも利用することが出来るはずです。近年はweb上からの申し込みに対応している業者も多く、携帯や...
2016/04/18 15:17:18 |
大手の消費者金融では全国に自動契約機を設置しています。これを利用してカードローンの契約を行う方法を説明します。各社の自動契約機は電話ボックスのような個室に設置されています。外から中は見えないようになっているので、利用しているところを人に見られることはありません。座って利用できるようになっているので、長時間の利用も想定されています。というのは審査に時間が掛かることがあるからです。その間は自動契約機の前で待っていることになります。50万円以下の借り入れの申し込みには基本的に身分証明書だけ用意すれば大丈夫です。備え付けの申込書に必要な内容を記入して、身分証明書と一緒に機械に読み込ませます。あとは審査...
2016/04/18 15:17:18 |
消費者金融と銀行のカードローンは、明確に差異があります。一般的に、消費者金融のカードローンは銀行のカードローンに比べ、金利が高い傾向があります。おおよそ大手消費者金融の最大金利は18.0%に統一しており、一方の銀行ではもう少し低い傾向です。とはいえ、すべての銀行に当て嵌まるわけではなく、利用予定の銀行の金利は調べる必要があるでしょう。法律では、消費者金融と銀行では総量規制の関係があります。総量規制とは年収の1/3以上の借入を禁じており、これは消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠に該当します。銀行のカードローンは銀行業法に則って運用していますので、総量規制の影響を受けることはありません。...
2016/04/18 15:17:18 |
カードローンの審査時に他社からの借り入れが問題で審査に落とされてしまうことがありますが、この他社からの借り入れなどの情報は全て信用機関に記録されています。信用機関には現在、JISS、CIC、KSCの3つがあります。カードローンを提供している消費者金融や銀行はこのいずれかに加盟しており、これらの信用機関から契約に来た人の借り入れ状況を提供してもらい、審査の参考にしています。JISSは消費者金融系、CICは信販カード系、KSCは銀行系の情報をもっており、それぞれ連携して情報を共有しています。この情報から、他社からの借り入れ総額や件数が多い場合はそれが元で審査で落とされてしまうことがあります。また支...